良い家を建てる為の情報を発信

住宅情報局

土地・不動産

【土地】仲介手数料0円の不動産屋もあります!~不動産屋の決め方~

投稿日:

注文住宅を建てるにあたって必要な土地。

前回記事でのスーモカウンターでも不動産業者を紹介されますが、仲介手数料がかかる業者かと思います。

土地が成約したら不動産業者からスーモカウンターへ紹介手数料が払われるはずなので、無料のところはスーモカウンターへお願いしていないはずです。

スポンサーリンク

土地の仲介手数料は法的に上限が決まっている。

土地を購入するには競売もありますが、基本的には不動産屋を使うかと思います。

不動産屋を仲介して購入すると、仲介手数料が発生し、それが不動産屋の利益になります。

この仲介手数料は宅地建物取引業法で以下のように上限が決まっています。

取引金額 仲介手数料金額(税抜)
200万円以下の金額 取引額の5%
200万円を超え400万円以下の金額 取引額の4%
400万円を超える金額 取引額の3%

仲介手数料は取引金額によって段階的に決まっているため、少々計算がややこしいです。

そのため、取引金額3%+6万円という簡単な計算式もあります。

では土地の金額が1000万円の場合だとどうなるでしょうか。

以下で計算してみました。

例:1000万円の土地を購入した場合の仲介手数料

通常の計算式では以下になります。

  • 0~200万円部分の仲介手数料5%=10万円
  • 200~400万円部分の仲介手数料4%=8万円
  • 400~1000万円部分の仲介手数料3%=18万円
  • 合計36万円+税金

簡易計算式では以下になります。

  • 1000万円の仲介手数料3%=30万円+6万円=36万円+税金

と、金額は何も変わりません。

0~400万円部分の差額が3%の場合だと6万円になりますのでこの計算式が成立ちます。

実際にはこの仲介手数料に税金がかかりますのでご注意ください。

この上限以上の仲介手数料を求められた場合は違法な業者の可能性が高いのでご注意ください。

仲介手数料0円の業者って?

そのまま名前の通り、仲介手数料が0円になります。

上記のように1000万円の土地なら36万円、3000万円の土地なら96万円も安くなります。

不動産の金額からするとたったそれぐらい、、、とお思いでしょうが、この金額は1ヶ月以上の給料じゃないでしょうか。(もっと稼いでいる方、スミマセン)

私も仲介手数料0円の不動産屋を利用しました。

3000万円以上の土地を購入した為、100万円以上の仲介手数料を浮かせることができました。

注文住宅の100万円浮けば地盤改良費や外構費をまかなうことができます。

仲介手数料0円の業者の探し方

大体は『地域名+仲介手数料0円 or 無料』で検索すれば見つかるはずです。

『さいたま市 仲介手数料無料』『横浜市 仲介手数料0円』などで検索すればある程度でてくるかと思います。

また、注文住宅を行っている業者でも不動産部門がある会社はうちで建てる場合は無料、と云う業者もあります。

ただ、それを使ってしまうと他のキャンペーン(太陽光無料等)と併用できない場合や、実はこっそりどっかに上乗せされていたりする可能性もありますので、不動産屋を使うのが一番だと思います。

スポンサーリンク

仲介手数料0円の業者って怪しくない?

0円、無料って本当に大丈夫なの?とご心配の方も多いかと思いますが、特に問題ありません。

物件自体も基本的なものは不動産業者が使用するレインズというシステムに登録されているので大差はありません。

私たち買主からの仲介手数料は無料ですが、売主からは仲介手数料を貰う仕組みになっていますので会社は利益でないということはありません。

通常の不動産会社の場合、買主、売主両方から手数料貰うので1000万円の土地の場合、70万円近い利益です、、、仲介するだけでぼろ儲けです。

私もスーモカウンターで紹介された通常の全国規模、大手不動産会社、仲介手数料無料の地元不動産会社の両方を利用しましたが、対応に特に問題はありませんでした。

むしろ仲介手数料無料の不動産会社のほうが親身に相談に乗ってくれ、業務時間外でもメールを返してくれたり、電話してくれたりしました。

社員からするとブラック企業ですね(笑)

最後に

仲介手数料0円業者だからといって心配しなくても良いですが、心配な方は通常の不動産会社も使ってみてください。

仲介手数料3%+6万円が浮くのは非常に大きいです。

-土地・不動産

Copyright© 住宅情報局 , 2018 AllRights Reserved.