良い家を建てる為の情報を発信

住宅情報局

土地・不動産

【土地】土地の選び方

投稿日:

会社から近い、実家から近くが良い等々、大体欲しい土地のイメージがあるかと思います。

妥協できないポイント、できるポイントを箇条書きに纏め、土地を選んでいきましょう。

スポンサーリンク

駅からの距離

近ければ近いほど、土地の価格、価値は上がり、利便性も良いです。

将来的に売ることを考えているようでしたら、5分程度のところが無難かと思いますが、なかなかそんな物件は少ないかと思います。

また、実際に歩き、本当に徒歩にかかる時間を確認しましょう。

物件情報に載っている徒歩時間で到達できない可能性もあります。

ほとんどが1分80mで計算されており、信号待ちや坂道などは考慮されていません。

また、繁華街が近くだと犯罪率も上がり、物騒ですので、地図などでしっかり確認しましょう。

土地の形

面積が広い場合でも傾斜地が含まれていたり、変な形だと建てにくいことがあります。

実際に建てる家の形をイメージし、建てる場所を確保しましょう。

土地と平行で業者も探し、土地の形が変な場合は相談しながら進めていくのが良いです。

地盤の強さ

大雑把に言うと、元々山を削った土地は強く、谷などで土を盛った場所が弱いとされています。

土地をひな壇に造成している場合は土を盛っている可能性が高いので弱い可能性があります。

地盤が弱いと地盤改良費がかかります。

これは土地を購入してから地盤調査しないと解りません。

この地盤改良費は高くなることが多く、100万を超える場合もあります。

100万円も予算が変わると家作りで色々な部分を諦めないといけない可能性もありますので、前もって予算に入れておいたほうが良いです。

地盤サポートマップというサイトもありますのでこちらも活用しましょう。

また、地名に池、沼、水など含まれる場所は要注意です。

元々がその地名通りだったりします。

地名の由来を調べると、元々どんな場所だったか解ったりして面白いですよ。

スポンサーリンク

日当たり

やはり日当たりは良いほうが良いですよね。

南側と東側が道路であれば一番良いのですが、空き地や駐車場だといつ建物が建ち、日当たりが悪くなるか解りません。

また、家が建っている場合でも、建替えでマンションなど大きい建物になるかもしれません。(土地の制約についてはまた後日書きます)

実際に朝、昼、夕に現場に行って日当たりを確認すると良いですね。

分譲地の場合は、隣や向かいが建つまでどうなるか解らないのが難点ですね、、、

隣地

分譲地の場合は、皆新しく引越してくるので良いのですが、元々住んでいる方が居る場合は挨拶するなどして、どのような方が住んでいるか確認したほうが良いかもしれません。

気難しい方が住んでいたら、新居生活も楽しくなくなってしまいますしね。

周辺の環境

日常的に使う、病院やスーパー、コンビニも近くにあるか確認しましょう。

出来れば商品の価格帯も調べて回ったほうが良いです。

場所によっては、今住んでいるところのスーパーの数割高くなったりもします。

あとヤフオクで出品していて発送する人はポストの位置と大きさ、郵便局のゆうゆう窓口有無、時間も調べたほうが良いかもしれません。

実際、私が住んでいる場所ではゆうゆう窓口が無いため、非常に不便です(泣)

最後に

私の場合も何箇所も土地を見学し、何度も同じ場所を見に行きました。

出来れば晴れの日に朝、昼、有、雨の日も駅からの道で、水の溜まり具合を見たほうが良いです。

また、土地は不動産屋に焦らされずに、自分が気に入って満足した場所を購入してください。

100%満足する場所は滅多にないので妥協して80%ぐらいなら良いかと思います。

-土地・不動産

Copyright© 住宅情報局 , 2018 AllRights Reserved.