良い家を建てる為の情報を発信

住宅情報局

土地・不動産

【土地】容積率、建ぺい率とは?

更新日:

土地を見ていると容積率、建ぺい率が書かれているかと思います。

これは重要は値で、家を設計するために重要な情報になります。

スポンサーリンク

容積率とは?

敷地面積に対する建築延べ面積の割合になります。

これは建築基準法により、決まっており、容積率を上回る建物を建ててはいけないことになっています。

例えば敷地面積が150平米、容積率200%の土地には延べ床面積合計300平米までの建物を建てることができます。

容積率80%の土地は120平米の建物になります。

この値によって、建物の延べ床面積が決まりますので大きい建物を建てたい場合は高い値の地域を選ぶことになります。

 

建ぺい率とは?

敷地面積に対する建築面積の割合になります。

建築面積というと解りにくいですが、1階の面積と考えれば良いですね。

これも容積率同様、建築基準法により、決まっています。

例えば敷地面積が150平米、建ぺい率80%の土地には建築面積120平米までの建物を建てることができます。

建ぺい率30%の場合は45平米の建物になります。

 

容積率、建ぺい率とは何で重要?

上記で書いていますが、この値によって建物の1階の面積、総延床面積が決まります。

この値が解らない事には設計者も大体の図面しか書くことができません。

土地が確定し、この容積率、建ぺい率が決まるとその土地を最大限に生かした図面を書くことができます。

スポンサーリンク

 

容積率、建ぺい率はどうやって決まる?

こちらも聞いたことがある言葉だと思いますが、第一種低層住居専用等の都市計画で用途地域で決まっています。

第一種低層住宅専用用地が最も厳しい制限がありますが、住環境には適しています(次回お話します)

やはり駅前に多い商業地域なんかはかなり高い値になりますが、一戸建てを建てるには向いていません。

周りがビルだらけ、人が多く通りうるさい、日陰が当たり前になることが多いです。

また、駅前になりますので土地の価格も高くなる傾向があります。

 

最後に

この値は高ければ高い程、狭い土地に大きい建物が建てられますが、用途地域を確認してください。

専業主婦で昼間家に居て、静かな地域が良い場合は第一種低層住居専用が向いていると思います。

昼間家に居らず、駅が近いほうが良い方は商業地域でも問題無いかと思います。

-土地・不動産

Copyright© 住宅情報局 , 2018 AllRights Reserved.