良い家を建てる為の情報を発信

住宅情報局

一条工務店 建築業者

【建築業者】一条工務店は高気密、高断熱。

更新日:

高気密、高断熱の一条工務店。

トリプル樹脂サッシや外断熱などを取り入れ、非常に高いQ値を出しています。

今回は高気密、高断熱についてのお話です。

スポンサーリンク

C値とは

C値とは気密性能を現す数値として利用されており、1m2あたりの隙間cm2の値になります。

値が小さければ小さいほど、隙間が無いとされ、高気密な家になります。

一条工務店は0.59を標準としており、非常に高気密です。

C値が0.59になると1m2あたり、0.59cm2しか隙間がないことになります。

C値0.59、100平米の家だと隙間は59cm2になり、ハガキの1/3ぐらいの隙間しかありません。

隙間が無ければ、家の中が密閉された状態になり、想定されている計画換気以上に外気を取り入れたり、外に漏れることがありません。

床暖房等を付けて一度暖かくなれば低コストでずっと暖かいです。

クーラーも同様、一度冷えれば電気代はほとんどかかりません。

一条工務店以上のC値を標準としているメーカーはほとんど存在しません。

パッシブハウスぐらいでしょうか。

現在0.2を目指して基準としているようですので一条工務店以上です。

気密に力を入れていないところでも大手メーカーなら2.0~5.0ぐらいになっているようです。

Q値とは

Q値とは熱損失係数であり、断熱性能を現す数値として利用されています。

値がが小さければ小さいほど、住宅の断熱性が高く、高断熱な家になります。

一条工務店では0.51W/m2Kを基準としています。

平成11年に改正された「次世代省エネルギー基準」では、日本全国の気候条件に応じてI~VIの地域に分けられ、基準値があります。

首都圏では基準値 2.7 W/m2K、北海道では1.6 W/m2Kに設定されています。

この次世代省エネルギー基準はすでに古いのであまり参考になりませんが、一条工務店は大きく差を付けています。

大手メーカーもこの値は一応気にしており、基本的にはこの値以上になるように設計をしています。

スポンサーリンク

一条工務店はC値、Q値は非常に高い!

HP上で基準とされている値は非常に高く、高性能な家だということが解ります。

しかし、C値は実際に建てる大工さんの腕、Q値は実際に使用する建材、断熱材などによって変化します。

一条工務店では中間でC値の検査をしますが、完成後は行っていないため、1回あたり5万円程度のお金を払って計測します。

Q値の計算も有料となっています。

家の性能が気になる場合、有料でも完成後のC値検査、Q値の計算を行うことをおすすめします。

-一条工務店, 建築業者

Copyright© 住宅情報局 , 2018 AllRights Reserved.