良い家を建てる為の情報を発信

住宅情報局

一条工務店 建築業者

【建築業者】一条工務店の省エネ性能

更新日:

先日アメリカがパリ協定から離脱を表明しました。

パリ協定とは簡単にいうと地球温暖化対策のため、世界中の国で目標を立てて頑張りましょうというものです。

勿論日本も温暖化ガスの削減を行っていかなければいけません。

家が省エネであればあるほど消費されるエネルギーは少なく、温暖化ガスも削減できます。

今回は一条工務店の省エネ性能について触れていきます。

スポンサーリンク

 

第一種24時間換気扇 ロスガード90

一条工務店ではオリジナルの第一種24時間換気扇 ロスガード90を採用しています。

こちらは熱交換率が最大90%と非常に高くなっています。

他社でも第一種24時間換気扇はありますが、90%は見当たらなかったかと思います。

また、高性能フィルターを取り付けることにより、花粉やPM2.5をカットすることも可能です。

第三種24時間換気扇と比べ、換気扇自体の電気代は高くなりますが、冷暖房費等のランニングコストを考えると安くなります。

 

サッシはLow-Eトリプル樹脂サッシ

賃貸では最近アルミ複合樹脂サッシのサーモス2H(LIXIL)の採用が多くなっていますが、未だにアルミサッシを採用している住宅もあります。

一条工務店ではそんな低性能なサッシは使わず、熱貫流率(U値)0.8W/m2KのLow-Eトリプル樹脂サッシを採用しています。

樹脂スペーサーは勿論、中空層にはクリプトンガスが充填され、単純に空気が入っているよりも性能をアップしています。

スポンサーリンク

 

断熱材は外断熱+内断熱のダブル断熱

外断熱もしくは内断熱のみの建築業者が多いですが、一条工務店では外断熱+内断熱のダブル断熱になっています。

どちらかでも十分省エネなのに、両方とも採用しています。

外断熱では50mm、内断熱は140mmの高性能ウレタンフォームを採用しています。

140mmの内断熱材は2x6だから出来る厚みです。

在来工法だと全てに4寸柱を使ったとしても120mmが限界になります。

 

一条工務店の性能は凄い!

今回、一条工務店の省エネ性能を色々と調べましたが、ここには書ききれないほどの情報があります。

もし、ご興味が沸いたかたは、一条工務店にお問い合わせいただくか、一度展示場に訪問などして頂ければと思います。

今は省エネの時代です、是非高性能な家を建てていきましょう。

-一条工務店, 建築業者

Copyright© 住宅情報局 , 2018 AllRights Reserved.