良い家を建てる為の情報を発信

住宅情報局

ダイワハウス(大和ハウス) 建築業者

【建築業者】ダイワハウス(大和ハウス)の断熱性能、気密性能

更新日:

今回はダイワハウス(大和ハウス)の断熱性能についてお話したいと思います。

ここ数回の記事で鉄骨造のメインである鉄は熱を通しやすいです。

その為、断熱方法は非常に重要な項目になります。

スポンサーリンク

ダイワハウスのxevoΣ スタンダードは外張り断熱

ダイワハウスでは4つの断熱仕様があります。

  • エクストラ断熱仕様
  • ハイクラスプラス断熱仕様
  • ハイクラス断熱仕様
  • スタンダード断熱仕様

もちろんエクストラ断熱仕様が一番断熱性能が高くなります。

ハイクラスプラスではUA値が0.56を上回る性能を持っています。

ただ、間取りや他の仕様によってUA値は変わります。

実際に建てる家のUA値は計算しない限り解りません。

色々と調べたところ、各仕様は以下のようです。

※仕様は変更されている可能性があります。

興味のある方はダイワハウスの展示場、資料請求でご確認ください。

スタンダード断熱仕様

・壁

外側

高密度グラスウールボード 100kg/12mm

高性能グラスウール 14kg/60mm x2層

内側

無し

・床下

高性能グラスウール 20kg/67mm

・天井

高性能グラスウール 14kg/100mm

 

ハイクラス断熱仕様

・壁

外側

高密度グラスウールボード 100kg/12mm

高性能グラスウール 14kg/60mm x2層

内側

無し

・床下

硬質ウレタンボード 30㎏/65mm

・天井

高性能グラスウール 14kg/100mm

高性能グラスウール 16kg/100mm

スポンサーリンク

ハイクラスプラス断熱仕様

・壁

外側

高密度グラスウールボード 100kg/12mm

高性能グラスウール 14kg/60mm x2層

内側

高性能グラスウール 14kg/52mm

・床下

硬質ウレタンボード 30㎏/65mm

・天井

高性能グラスウール 14kg/100mm

高性能グラスウール 16kg/100mm

 

エクストラ断熱仕様

・壁

外側

高密度グラスウールボード 100kg/12mm

高性能グラスウール 14kg/60mm

内側

高性能グラスウール 14kg/52mm

・床下

硬質ウレタンボード 30㎏/65mm

・天井

吹き込みロックウール 300mm

 

ダイワハウス(大和ハウス)の気密性能

ダイワハウスはそこまで気密性能は重視していないように思えます。

HP上では高気密と書かれていますが、実際に計測するとC値 2.0前後が多いようです。

気密性能に力を入れている一条工務店ではC値 0.5とかもありえますので、ダイワハウスは一条工務店の4倍も隙間があるということです。

ちなみに気密性能は計算では割り出すことができません。

現地での気密測定をしない限り、解りません。

もし実施する方は中間ではなく、家が完成して、引渡し直前に行うと、本当の気密性能がわかりますのでおすすめです。

 

-ダイワハウス(大和ハウス), 建築業者

Copyright© 住宅情報局 , 2018 AllRights Reserved.