良い家を建てる為の情報を発信

住宅情報局

検討

【検討】ずっと賃貸?それとも購入? メリット・デメリットを考える。

更新日:

今、このページをご覧くださっている方は賃貸で借りられている方がほとんどかと思います。

家を建てる、購入するというのは数千万円という非常に大きな買い物になり、一生に1度あるか無いかです。

長年、賃貸、持ち家のどちらが良いか議論されていますが、ともに良いところがあるので一概にどちらが絶対に良いということはありません。

スポンサーリンク

賃貸のメリット・デメリット

【メリット】

  • いつでも、好きなときに、好きな場所に住むことができる
  • ライフスタイルの変化にあわせて住み替えが可能
  • 家の老朽化、土地の価値を気にしなくて良い
  • ローン、固定資産税等を気にしなくて良い

やはり大きなメリットは引越しが容易というところでしょうか。

隣人とのトラブル、住んでみて気に入らないところがあっても持ち家と比べ、簡単に引越すことが可能です。

また、賃貸の場合、ライフスタイルにあわせて住み替えることが出来ます。

独身中は1R、結婚したら1LDK、子供が出来たら3LDK等々、引越せば良いだけです。

給与の減少、失職した場合でも安いところへ引越すことによって無駄な住居費用が減らすことができるのは大きいのではないでしょうか。

ローンを返さなければいけない、毎年固定資産税を払わなければいけないという精神的な負担も少ないです。

 【デメリット】

  • 資産にならない
  • 一生賃貸料金を払う必要がある
  • 家の性能が悪い
  • 広さを考えると少々割高
  • いざというとき社会的信用が得られない

持ち家と一番大きく異なるのは賃貸では資産にならないことです。

購入した場合はローンが払い終われば家、不動産が残りますが、賃貸である限り、一生賃貸料金を払い続け、何も残りません。

また、家の性能が悪いことが多いです。

壁が薄く防音性能が低かったり、窓がアルミサッシでガラス部分もシングルで結露が酷かったり、寒かったりします。

最近では高気密・高断熱をうたっている一条工務店が人気なようです。

性能が良い家は電気代やガス代も抑えることができます。

クレジットカードを作る場合でも持ち家だと簡単に作ることができたりします。

 

それでは持ち家の場合についてもメリット・デメリットを考えていきます。

持ち家のメリット・デメリット

【メリット】

  • 資産として残る
  • 好きな間取り、リフォームを容易にできる
  • 社会的信用を得られる
  • 性能が良いため、電気代などコストを下げることができる

一戸建て、マンションともに何かしら形に残り、資産として残ります。

ローンさえ払い終わってしまえば毎月の支払い無しに済むことが可能です(固定資産税等はかかります)

また、注文住宅だったら建てるときに好きな間取りで賃貸ではありえないような形にすることも可能です。

中古やマンションでもリフォームが可能なのである程度好きなようにすることが可能です。

注文住宅だと高気密・高断熱な家が人気で一条工務店が売れているように思えます。

高気密・高断熱な家では電気代を抑えることが可能で、夏は涼しく、冬は暖かい家になります。

【デメリット】

  • 引越しが難しい
  • 固定資産税がかかる
  • 屋根、壁等、修繕が必要
  • 庭の管理が必要

やはり購入になると引越すことが難しくなります。

すでに建てられている家やマンション等を購入する場合は近所にどんな方が住んでいるか、騒音は問題ないか念入りに調べておく必要があります。

購入したあとトラブルが発生してもそう簡単に逃げられません。

また、毎年固定資産税で家の大きさにもよりますが、10万円以上ががかかることが多いと思います。

屋根や外壁も年々劣化していきますので修繕もしっかりと考え、貯金しておくことが必要です。

一戸建ての場合は庭の管理も必要です。

土の箇所は放っておくと雑草で大変なことになります。

私の出した結論

上記が賃貸と持ち家を検討する際に考えたことですが、結論として持ち家(注文住宅)を選択しました。

今まで東京23区、神奈川を転々としてきましたが、子供も幼稚園に通い始め、引越が難しいと考えたのも一つです。

あくまで私が思いついたメリット、デメリットですので参考になればと思います。

-検討

Copyright© 住宅情報局 , 2018 AllRights Reserved.