良い家を建てる為の情報を発信

住宅情報局

最初の行動

早速住宅展示場へ!と、その前に必ず最初に行ったほうが良いこと 前編

投稿日:

一戸建てが欲しいと思ったとき、まずは住宅展示場へ行こうと思いませんか?

子供向けのイベントも多く、近場にあればすぐ入れるような手軽さがあります。

しかしそれで良いのでしょうか。

私はなんとなく住宅展示場に行く前に情報収集から始めました。

スポンサーリンク

住宅展示場に行ってしまうと・・・

住宅展示場に行くと担当者がつく!

住宅展示場には基本的に営業マンがいらっしゃいます。

住宅業界というのは最初に話をした人が担当者になるようで、一度決まってしまうと基本的に最初から最後までずっと同じ担当者です。

ふらっと見て気に入った家の営業マンが入社1年の新人だったら、、、恐ろしいですね。

新人は知識が無い!

10年目のキャリアのと1年目の新人を比べてしまうと全くと言って知識がありません。

へたにプライドの高い新人だと知ったかぶりで間違ったこと言ってくる可能性もあります。

一生に一度なのでその間違った情報で進められると怖いですね、、、購入する側は住宅に関して素人なので判断のしようがありません。

また、値引きキャンペーンとかあるのにそのことを話されなかったとか、、、

まぁ、1年目の新人は流石に一人で任されないとは思いますが、注意が必要です。

新人は権限が無い!

何をするにも上司に確認することになるので一々時間がかかる可能性があります。

また、値引きも上司への話の持っていき方が慣れていないとそこまで期待ができません。。。

 

このようなハズレ担当者に当たってしまったら楽しい住宅作りが不安でつまらないものになってしまいます。

まずは持ち家の友人をあたる

周りで持ち家の方は居ますでしょうか。

居る方はまずその方に紹介してもらうと何か特典がある場合があります。

例えば一条工務店で建てた方から紹介された場合だと、カップボードなど30万円程度のオプションが無料になります。

3000万円のうち30万ってたった1%じゃん、、、という感じはしますが、30万といったら私の月給以上の金額です(笑)

この紹介制度は一度でも展示場へ行ってしまうと使えなくなってしまうので注意が必要です。

(ページの下のほうに『※1 ご紹介いただいた方が、すでに弊社展示場にご来場いただいている場合は、本ご紹介特典は適用されませんのでご了承ください。』との記載があります)

他のHM、工務店などでも紹介制度がある可能性がありますので、まずは親戚、友人をあたってみてください。

では親戚や友人に住宅を建てた方が居ない場合はどうしたら?

実際に私がそうでした。

会社の同僚でも持ち家の方は居ましたが、聞いてみるとみんな建売で購入していました。

みんな価格、立地重視でコストパフォーマンスの良い建売を選んでいました。

注文住宅に関する知識は0、まず何をすれば良いのか解らない、頭金ほぼ0だけどローン組めるの?と、もう何をすれば良いか全然解りませんでした。

やっていたことはポストに入っている住宅のチラシを眺めているぐらいでした。
ちょっと長くなってしまいましたので後編に続きます。

後編では私が実際に使ってみて良かったと思ったサービスについて書きます。

-最初の行動

Copyright© 住宅情報局 , 2018 AllRights Reserved.